www.kojynato.net

重症妊娠悪阻で入院した時の事

重症妊娠悪阻で入院した時の事

私は、妊娠をしている時に、つわりが酷過ぎで脱水症状に陥ってしまいました。
このままではあまりよくないということで、検査も兼ねて入院する事になりました。
診断は重症妊娠悪阻でした。参考までに富山市 看護師求人見てください

 

 

これは通常のつわりよりも度が越してしまって、脱水状態に陥らないように24時間点滴で状態を管理しなければなりませんでした。何かありましたら枚方市 看護師求人読んでね

 

 

入院期間中起きている時は四六時中吐いていた私でしたので、看護師さんも心配してくださり、看護師さんごとに何か良い方法はないか?といろいろと考えては試してくれました。評判の豊橋市 看護師求人を選んでね

 

時間がある看護師さんは背中をさすりに来てくれたり、つわりに良いツボを押してくれたり、氷だったら口に出来た私でしたので、氷を持って来てくれたりとあらゆることで尽くしてもらいました。
看護師さんの優しさに本当に涙が出そうでした。

 

入院は1ヶ月近くにも及びましたが、その中で一番印象になっているのは「○○さん、こんなに辛いつわりの妊婦さんはあまりいないけど、○○さんを見ていたら、陣痛なんてほんと楽勝だと思うよ〜このつわりの状態じゃ出産なんてすごく楽だと思うよ、絶対に陣痛の方が楽よ」っと言われました。私は、初産だったので、まさか?とも思いましたが、実際に出産をする時にふとこの話を思いだし、本当かな?と思いましたが、確かに痛かったのですが、予想していたよりも楽で、「あれ?こんなもんで大丈夫?もっと痛くなるのかな?」と思っているうちに終わりました。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ